Entrust Datacard
日本データカード株式会社
ホーム > ニュース&イベント
FIT2015(金融国際情報技術展)に出展いたしました

FIT2015 金融国際情報技術展 本展示会では、ICキャッシュカードの集中発行から店頭即時発行まで様々なバリエーションのソリューションを展示し、カード発行のデモンストレーションを行いました。ご来場いただきました皆様にはこの場を借りて御礼申し上げます。

名称 FIT2015 金融国際情報技術展
会期 2015年10月15日(木)・16日(金)
会場 東京国際フォーラム(東京・有楽町)展示ホール
ブースNO. A-08
出展内容

<集中発行ソリューション>
集中発行システム「MX Smart Start」

磁気・ICキャッシュカードの完全内製化を可能とする集中発行システムです。スムーズな自行内発行をサポートするソフトウェア「DPAS-FF」を使ったカード発行から宛名台紙印字・カード貼付けまでのデモンストレーションを行いました。

<即時発行ソリューション>
店頭即時発行向けカードエンボッサー「CE870F」

ICキャッシュカードの即時発行のニーズに対応した、従来の集中発行時と同様のカード発行が出来るカードエンボッサーです。触覚識別マークを活用した視覚障がい者の方に配慮したカードや、カラー印刷機能を使った顔写真入りカードの他、複数のカードデザインからお好みのデザインを選択しカード発行を行うデモンストレーションを行いました。

内容詳細 FIT2015 金融国際情報技術展 公式ホームページ ( http://www.nikkin.co.jp/fit2015/)

■ 弊社セミナーのご案内

内容

「オムニチャネル戦略が鍵、カード・セキュリティを核とした店舗運営・サービスの将来」と題しまして、講演を行いました。

講演概要:
いつでも、どこでも、インターネットを通じて様々な金融サービスが受けられる今日、金融機関における顧客サービスにはどのような変化が求められているのでしょうか?デジタル・リアル双方において、安全で高品質、かつリアルタイムでのサービスが求められている中、金融機関における店舗運営のあり方も今後数年間で大きく変化を遂げていくでしょう。

当社は、金融カードの集中・即時発行システムや、お客様の情報管理・ネットバンキング等、様々な情報を強固に保護するセキュリティソリューションの提供を通して、グローバルの数々の金融機関様に店舗運営変革を提案・推進してまいりました。

本セミナーでは、お客様のニーズが多種・多様化するこのような時代に、重要な鍵を握る店舗運営のありかたの変化、また変革によって、顧客満足度や収益性の向上、業務の効率化にどのような効果が得られているのかなど、米国の事例を交えながらご紹介いたします。

講師 米国エントラストデータカードコーポレーション
金融バーティカルマーケティング VP
レイ ウィズボウスキー
日時 10月15日(木) 13:00~13:45
会場 特別セミナー会場1
セミナー番号 S1-2