Entrust Datacard
日本データカード株式会社
ホーム > ニュース&イベント
弊社製品に対する「Shellshock」の影響について

平素より弊社製品をご使用いただき、誠にありがとうございます。

「Shellshock」(CVE-2014-6271)は2014年9月24日に発表されたLinuxやMac OS Xに搭載されているシェルの1種であるbashに見つかった脆弱性で、悪用された際には不正な遠隔操作によりLinuxサーバが乗っ取られるケースや、不正プログラムに感染してしまう可能性が報告されておりますが、弊社製品に対する影響を調査致しましたところ、製品が非ネットワーク環境で利用されている場合はもとよりネットワーク環境下であっても、セキュアなファイアーウォール内で利用されている限りにおいて、本脆弱性の影響を受ける可能性が極めて低いことが判明致しましたので、ここにご案内させて戴きます。

尚、本件に関するご質問がございましたら、製品ご購入時の営業担当若しくは担当技術員までご連絡下さいます様、お願い申し上げます。