ニュースリリース | 日本データカード株式会社
Entrust Datacard
日本データカード株式会社
ホーム > ニュースリリース
ニュースリリース
2021年2月1日
日本データカード株式会社
Entrust、次世代のセキュアなクラウドベースの
ダイレクトカードIDデスクトップ発行ソリューション「Sigma」を販売開始

この度、日本データカード株式会社(以下、日本データカード)は、フィジカルIDとモバイルIDを瞬時に発行する革新的なダイレクトカード発行ソリューション「Sigma(シグマ)」インスタント・デスクトップ発行ソリューションを販売開始いたします。クラウドとオンプレミスの両方での展開に対応できるように設計されたSigmaソリューションは、企業、医療機関、政府機関、高等教育機関、金融機関における、シンプルで安全かつスマートなインスタントIDソリューションの標準を打ち立てるものです。

 

今日の企業は、無数のセキュリティ上の課題に直面しています。パンデミック下におけるデジタル運用への移行から、世界的に増加するサイバー攻撃の管理まで、企業は物理的な資格情報に保存されているデータを含め、安全でセキュアなデータの流れを維持する必要があります。このような組織の中で、IDおよびアクセス管理の専門家は、運用に簡単に統合できるだけでなく、最高レベルのデータセキュリティを保証しながら、企業の拡大し続けるニーズに対応すべく進化した印刷ソリューションを必要としています。Sigmaシステムは、デスクトップ印刷からモバイル印刷まで、発行プロセス全体にわたってシームレスなユーザーエクスペリエンスを提供します。このシステムは、モジュラー設計とすぐに使える構成により、ユーザーは30分足らずでIDの発行が開始でき、プリンターのセットアップの煩わしさを解消します。

 

クラウドベースのAPIを搭載したSigmaシステムは、ハードウェアを追加することなくクラウド上での発行も可能にし、物理IDやバッジ、またキャッシャカード等の金融決済カードの両方を瞬時に印刷することができます。Sigmaシステムは、インテリジェントなネットワークと接続性を構築することで組織とそのデータの安全性を確保し、究極のエンタープライズ保護を実現する、信頼性の高いIoTデバイスです。エンボス加工、ホログラフィック、光沢パネル印刷などの機能を備えたSigmaプリンターは、カードの不正改変や偽造を防ぎます。また、インライン磁気ストライプやICカード・エンコーディングなどの機能により、カード印刷時のセキュリティ保護を実現します。

 

「当社のSigmaプラットフォームにより、クラウド環境で完全かつ安全に動くように設計された、クラス最高のデスクトップ資格情報発行ソリューションを提供できることを嬉しく思います。これにより、金融機関、企業、政府機関、高等教育機関、医療機関などの組織は、セキュリティや使いやすさを犠牲にすることなく、大量の発行要求に対応できるようになります。Sigmaシステムは、今日の発行ニーズに対応できるだけではありません。無制限の印刷アプリケーションにより、将来のセキュリティやテクノロジーの課題に対応できるように進化し続けているという点も、同じくらい重要です。」と、Entrustのインスタント発行担当シニア・バイス・プレジデント兼ゼネラル・マネージャーのTony Ballは述べています。

 

「Entrustは何十年もの間にわたり、ダイレクトカードのID発行テクノロジーのパイオニアとしての地位を確立してきましたが、Sigmaシステムはそれを全く新しいレベルに引き上げました。」

 

Sigmaシステムは、発行プロセスの各段階でデータを保護する、次のような最先端のセキュリティ・アーキテクチャを提供します。

 

  • 暗号化された接続:ソフトウェアとプリンター間の接続やデータ送信はセキュリティで保護され、暗号化されます。Sigmaプリンターは、印刷が正常に完了した後、顧客データを保存しません。

  • セキュアブート:この機能は、マルウェアやその他の不正侵入が検出された場合に、Sigmaシステムが起動しないようにするものであり、マルウェアなどのウイルスが企業内に拡散するのを防ぎます。

  • トラステッド・プラットフォーム・モジュール(TPM):ユーザー証明書とキーをプリンターに保存して管理することができるため、プリンターをモノのインターネット(IoT)の信頼できるエンドポイントにすることができます。

 

大部分の従業員がリモートでの業務を続ける中、Sigmaシステムは、物理発行プラットフォームとデジタル発行プラットフォームにより、ハイブリッドな従業員の要求に対応することができます。Sigmaシステムの「プリンターダッシュボード」はモバイルデバイスでも利用できるため、組織はデスクトップに縛られることなく、どこからでもプリンターを管理できます。またSigmaシステムを使用すれば、企業はオンラインでの写真提出から写真の確認、カードの印刷、そして最終的には従業員へのカードの配布まで、非接触型のID発行プロセスに移行できます。さらに、オンプレミスのインスタントIDソリューションにはモバイル登録機能が搭載されており、社内のさまざまな場所でIDを発行することができます。Sigmaシステムは、インテリジェントなインスタントIDテクノロジーによって印刷を合理化し、手作業のワークフローを排除することで、シンプル、安全、かつ柔軟な発行プロセスを可能にします。

 

「求めるものが統合された安全なオンプレミス・ソリューションであれ、分散した従業員に対応して、安全なクラウドホスト型のID管理サービスを介して拡張できるシステムであれ、EntrustのSigmaソリューションはそのどちらのニーズも満たすことができます。」と、Entrustのチャネル・パートナーであるCapture Technologiesのセールス・ディレクター、Joe Franco氏は述べています。「このソリューションはブラウザベースで、モバイルにも対応しており、重いクライアントをインストールせずに展開できます。証明書ベースの統合されたセキュリティ機能により、ID発行にクラウドを使用したり、ネットワーク攻撃に対して脆弱な印刷ソリューションを使用したりすることについての不安を払拭することができます。」

 

Sigmaに関する詳細については、当社のウェブサイトをご覧ください。
https://www.entrust.com/ja/c/meet-sigma

 

sigma DS

sigma DS

 

【日本データカードについて】

日本データカードは、Entrust(米国ミネソタ州)を母体とする、カード関連ソリューションのリーディングカンパニーです。金融決済カード、運転免許証、国民IDカード、パスポート、IDカードなど、様々なアプリケーションのカード発行ソリューションを提供しています。

 

【本件に関するお問合せ先】

日本データカード株式会社
TEL: 03-3494-6111